Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

5月病および適応障害について

新生活が始まってる人も多いと思われますが、いかがお過ごしでしょうか。 新生活が始まると今までいた環境とはガラッと変わることも多く、ストレスを溜め込んでしまいがちです。ここでは、有名な「5月病」について記します。

誰かがこっちを見ている

目と目が合う瞬間に ※この記事は科学的根拠は無く、一般にそうなるという前提で書かれています。故に例外が生じます。

好意が最大の警戒となる

「興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?」

もう一生会うことのない人たち

一般に20歳を過ぎた辺りから、正確には成人の日を過ぎると一生会えない人が増えてきます。単純に会う機会が減るからですね。 自分の行動範囲や環境が変わる度に会えない人は増えていきます。学生生活を共にした人たちと会わなくなると言うのは、悲しいですが…

全てのストレスを生まれる前に消し去りたい

そんなこと可能なんですか? 出来ません

回避性愛着障害

「卒業式で泣いたことがない」 「親友と呼べる人が極僅かまたはゼロ」 「人が多いところを自然と避けている」 1つでも当てはまればこの記事を読みましょう、当てはまらなくても少しは読んでほしいなぁ

誰にでもやってくる未来の話

こう、タイトルのように表現すると明るい将来の話をするみたいで、ワクワクしますね。 じゃあ、「死ぬ」ことについてのお話を書きます。

自由な意思

「自由な意思って存在すると思いますか?」という質問に対してはっきりと答えを言える人はいません。 この記事も、本当に自分の意思で書いているのかわかりません。 意思に自由があるのか、それとも操り人形のように人々は生きているのか。 意思に自由が無い…

忘却の理論

忘年会シーズンですね。忘年会はその年の苦労を忘れるために執り行う宴会のことを言います。 そうですね、人間誰しも忘れたいことってあると思います。 でも、そういうものに限って忘れられない。なので、ここでは忘れるためのコツをお伝えします。

恋バナと人心掌握術

最近、人の恋愛相談を聞くことが多い私です。 いやぁ、私はどうにも他人の恋愛話は面白いと思う人種でして、結構そういう人って昨今多い印象があります。 そんな他人の恋愛話、もっと深く知るための方法がございます。 「人心掌握術」です

恋愛観におけるネガティブコントロール

夏ですよ!夏!サマー! というわけで去年はこの時期に淡々と医療関係について記事にしていたと思うので、今年は恋愛まわりについて記事にしようかなと思う所存であります。 筆者は何も起こってないけど周囲の恋愛話をよく聞くので、今回はこのテーマでいき…

SNSのネガティブ発言に関する法則を見つけたかもしれない

母「SNSやると寿命縮むよ?ネガティブ発言ばっか見るから」 僕「(まーたこの人テレビで言ってたこと信じてるよ)」 ということでネガティブ発言ばっかだからSNSやると寿命縮むのかの真偽は知りませんが、果たしてヒトはSNSでネガティブ発言ばっかしてるのかな…

お金で時間を買うとは

やばいこの時間帯30分に一本しかバス無いのに目の前で行ってしまった…タクシー使えば短縮できるけどお金がかかる…う~む こんな経験ありませんか? これって要はお金で時間を買うっていうことじゃないかなって気付いてしまった バスを待つ時間30分を1000円弱…

コミュ障を手っ取り早く半強制的に治す方法

コミュ障(こみゅしょう)とは、コミュニケーション障害の略である。日本の国民病の1つであり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことである。 コミュ障とは (コミュショウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科から